日経225先物。今日のエントリーポイントはこの辺りかな

日経225先物の今日のエントリーポイントを探ります。

無駄なエントリーや曖昧なエントリーをしないよう自分に言い聞かせ、ポイントを絞り、ピンポイントでのエントリーを目指します。

ラップ口座ってどうなん?

最近テレビで野村証券のラップ口座のCMを見るようになりました。ちょっと気になってどのような物か調べてみました。


野村証券のホームページによるとこんな方たちが対象のようです。


※忙しくて資産運用の時間が取れない。
※退職金、どう運用すれば良いかわからない。
※まとまったお金が入ったけど、運用に自信がない。


この文言だけを読むと投資には全くの素人の方がターゲットのようです。


その中で3000万円から契約できるお金持ち用、野村SMA(エグゼクティブ・ラップ)の内容を見てみると、、、


※投資判断は野村証券に一任をするみたいです。


この中の注目は野村SMAのリスクと料金の所です。
(この辺りをしっかり理解せずに契約してしまう方がいそうですね)


手数料が半端ないです。
例えば5000万円を野村証券に一任し、3000万円を投資信託で運用した場合の年間手数料(最大)を計算してみましょうか。


①投資一任手数料=0.108%。=54,000円。
一任するということは口座にお金を入れるだけで手数料が発生するという事でしょうか?
②SMA手数料=1.512%。=756,000円。
③信託報酬=4.00%=1,200,000円
④信託財産留保額=0.5%。これは途中換金の場合=150,000円
⑤その他費用をご負担いただきます。(これは事前に上限額を示す事が出来ません)とあります。これは運用成績により利益の何%か徴収されるものと思われます。


野村証券のラップ口座で5000万円を運用すると⑤を除いても年間最大2,160,000円もの手数料が発生してしまします。損失が出でたとしてもです。利益が出れば+⑤の費用だと思われます。


ちなみに先物ミニだと何枚売買できるでしょうか?片道1枚38円として56842枚。1ヶ月辺り4736枚。1ヶ月21日営業日あるとしたら1日辺り225枚。デイトレでも毎日225枚取引しないとこの手数料にはなりません。すごいですね~。


仮に5000万円の余裕資金があり、長期での運用を考えるのであればカブドットコム証券だとSPDR500ETFは手数料0円で取引できます。この辺りを下がった時を狙いドルコスト平均法で買って行く方が賢明だと思いますが。。。